一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.04 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

暑い。
暑い。暑い。暑い。
『暑いって言うから、もっと暑くなる!』
『今から暑いって言ったらデコピン1回ね!』
遥か昔の学生の頃、他愛もなくそんなこと言って盛り上がってたなあ。
今言われたら洒落にならず、喧嘩を売られたと殺気立つくらいに、
最近の夏は暑すぎる。地球が心配になる。

先月、クロアチア(ザグレブ→スプリット→フヴァール島→ドブロヴニク)
トランジット(フランクフルト経由)ついでのおまけで、ドイツのバーデンバーデンと海外旅行してきた。
飛行機事故にも遭わず、無事帰ったら東京は梅雨明けしていた。
思いの外、いきなり本気の夏がはじまっていて、現在夏バテ気味。
夏バテなんて今までしたことないのに・・・
妙齢という言葉がしっくりくる。

さて、クロアチアとバーデンバーデンは次回のエントリで語りたいと思う。
・・・わたし自身、他人の旅行記って読みづらい、
というか頭になかなか入ってこないから苦手なんだけれども
自分の備忘録として残しておこうと思う。
なぜなら!
今生でもう1回は必ず!!
クロアチアとバーデンバーデンに行きたいから!!!
そんくらいよかった。世界は広くて、美しい。

閑話休題。
ああ、なんだっけ?タイトル。

そうそう、このエントリはそもそも7月7日に書かれたもので、途中で放置していた。
何故放置していたか?
ブロガーあるある、うっかり画面の変なとこを触ったら(多分戻るボタン)
全部記事消えとった。もう更新のやる気とかおきないね。おきないよ。
そんで旅行準備とか旅行とか夏バテとか日々のなんやかんやで、今に至る。

もう何書きたかったのかも忘れたよ。
だから箇条書きで書いとこ。

1 わたしは膿みやすい体質なんです。父親の遺伝と思われます。

2 思春期ニキビも酷かったけど、大人ニキビも酷いです。おできもできやすい。

3 日焼けすると赤疹が拡がり、代謝も悪いのか夏には汗疹もできまくり。かゆいかゆい。
→ 夏こそブレスレット重ね着け♪とかしたいけど、かぶれるかぶれる。まあ、着けるけど。

4 抗がん剤投薬中はドセタキセルの副作用のデキモノ以外は、1つもニキビできなかった快挙。
→ こんなこと人生で初めてだったから、数少ない抗がん剤投薬中の嬉しかったことのひとつ。

5 でも治療終了したら、大人ニキビもっと酷くなった。加えて食物アレルギーも出てきたっぽい。

6 とりわけナッツ類とチョコレートは摂取量問わず、デキモノがボルケーノ。
→ キウイやリンゴや桃あたりも身体かゆい。フルーツは大好きだからなんでも食べるけどね。

7 昔から海外旅行に行くと肌の調子がすこぶる良くなる現象あり。旅行中は便秘気味なのに。

8 硬水が肌に合うのか?と今回の海外旅行でやっと気付き、アベンヌの化粧品買ってみた。

こんなとこかなあ。
ちなみに今のところも肌の調子は良い。


最後に、わたしの【膿みやすいカラダ】の最大のエピソードを書いておこう。

わたしの乳がんの腫瘍径は、0.7×0.5×0.6 (術後の病理結果)
その大きさで乳がんを発見できたのは、腫瘍まわりが膿んで、しこりのようになったからである。

しこりは胸の皮膚の上にぽっこりと出ていたので、触診せずとも目で見て分かった。
しこりは動いたり触れるだけで激痛が走り、熱を帯びていた。まさに膿って感じよ。

最初に行った細胞診で、そのしこりの中身はあらかた吸い上げられたようだ。
チューブから注射器に流れるモノは、血混じりの黄白色でドロドロとしていた。
細胞診を行った医師も『膿のようなもの』と表現している。

細胞診の後は、しこりはなくなり、痛みも熱もなくなった。
温存手術では7.0×7.0×2.0の範囲で切除したのだが、嚢胞の中にはいくつかの癌細胞があった。

術後の化学療法→放射線治療と完遂、無治療期間に突入し、術後丸1年たった頃、
手術した患部に激痛が走った。

症状が乳がん発見のときと同じだったからね、覚悟しましたよ。

細胞診と同じように中身を吸い上げたら、クリーミーな膿の色。
注射器2本も採取しました。病理結果が出るまで恐怖。恐怖。&恐怖再び。
で、結局病理結果は癌細胞は出ず【術後の組織が変化したもの】とのこと。
よかった、ほんとよかった。


それ以来、毎年冬に1年に1回は膿(らしい)ものが溜まっては、抜いているというね。
採取量は年々減っているらしいのだが・・・やっぱり病理結果には毎度毎度肝を冷やしている。

そして採取するたびに左胸は変形してます。
あーあ。
『どちらの胸を手術したのか分からないわ!』と、
主治医の山内先生が御自身の腕前を自画自賛、いや自画絶賛して
たくさん写真撮られた自慢の左のお胸だったのに。
そんな経緯もあり、山内先生はこれ以上胸の形が変わるのを恐れてか、
【術後の組織が変化したもの】をもう抜いてほしくないらしいけど、患部痛いんだよね。
冬だからなのか、余計にね。


おや?なぜか愚痴に。
たまにはいいでしょう。

今年の冬もきっと痛いんだろうなあ。
でもちゃんと向き合う。
で、ひとつひとつ確実に痛みを取り除く。
自分を労ろう。
自分のカラダの痛みは自分にしか分からず、また、それを表現できないのだから。


いつも以上にはちゃめちゃな文章で申し訳ない。
はちゃめちゃに暑すぎるのがいけないってことで。


Pink Ring Extend フラチーム ちぃ部長
Pink Ring Extend フラチーム公式HPはこちら↓
http://pre-hula.com/


JUGEMテーマ:女性の病気


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 『若年性乳がん患者』の定義
    PRE事務局
  • 『若年性乳がん患者』の定義
    tomyoko2104
  • 乳がん治療後、妊娠にむけて!
    フタエ
  • 抗がん剤やるとどうなるの?
    ジュン
  • 抗がん剤やるとどうなるの?
    ジュン
  • pinkringアニパ懇親会
    みきたん
  • アニバーサリーパーティー2014
    あも

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM